FC2ブログ
結婚、人生、将来、心に関しての情報

人生のやり直し
人間、生きていく中で人生やり直したい、出直したいと思ったことが誰にでもあると思う。
ではどんな時に人は人生をやり直したいと考えるのだろうか。自分に飽きてきたとき、自分を情けないと思ったとき、何をしてもうまくいかず失敗ばかりするとき、自信が崩れたとき、何もかも信じられなくなったとき、苦しみに耐えられなくなったとき、今の現状から抜け出したいとき、今の生き方や考え方を変えたいとき、思っていたことが夢で終わったとき、新しい発見があったとき、罪を犯し後悔したとき、本当の自分と出会ったときなどありますが、実際はもっと単純なことかも知れません

しかし言えることは人生やり直したいと思う事に気付くか気付かないかが大切なのです。
現状のことばかり考えて、落ち込んでしまうことの方がとても怖いことです。チャンスは必ずやってきます。落ち込んでいる暇があるならプラス思考で前向きで、今の自分に何ができるのかを考え、時には誰かの知恵袋を借りるなり、人生を捨てない気持ちの切り替えがこのときに求められます。逃げるのは簡単ですが、次に進むことは”強い心”が必要になってきます

人生のやり直しは自分で決定するときと人の影響で決定するときがあります。
いずれにせよ決断は自分自身であることを自覚して、実行することが大切でありそこに迷いはありません。しかし悩みは付いてきますがそのハードルは越えないと人生やり直すことはできません。
やり直す人生と戦う人生は違います。私の言う人生のやり直しは現状から逃げないで、限界まで戦ってのことです

全く人生のやり直しを思っていない人もいると思う。それはその人が人生のやり直しに気付いていないのか、運命と諦めているのか、又は本当に人生のやり直しをしなくても自分の思う人生を歩んでいる人です。人生に目標を持ってそれを実現している人には人生のやり直しは関係の無い言葉だと思う。人生のやり直しはない方が良いのですがあっても一回かな。何度もやり直す人は考えの甘い人、努力しない人、夢を語れない人、自分に自信を持てない人、すぐに人生を捨ててしまう人、本当の自分を知らない人かも知れません

          「人生のやり直し」時には必要です       炭谷   剛
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

人生やり直りたいと思う人、思わない人。うまく生きている人、うまく生きてない人。どうしてこのような差が生まれるのでしょうか?誰しも「うまく生きなくていい」なんて思っていなし、幸せになりたいと願いながら生きているのに、幸せになれない人がいるのはなぜでしょうか?
冬馬 | URL | 2009/05/27/Wed 23:32[EDIT]
冬馬さんへ
人によって幸せの尺度や何が幸せかが違うと思う。あなたにとっての幸せは何ですか、どうなれば幸せを感じるのでしょうか?自分は幸せではないと思っていても人からみればそうではない場合もあるよ。人生のやり直しも、うまく生きることも人から与えられるものではなく、自分から見つけ行動することで得られるものです。無理をせず自分のペースで。もし相手がいるならば相手の意思もあるので自分中心に考えていても幸せは来ない。そして人によって価値観の違いがあるので共通するものを見つけることです。大切なことは自分は不幸だと思わないことです。今生きてることが幸せと感じて下さい。うまく生きている人は自分を犠牲にしていることも事実です。あなたは時には自分を犠牲にしプライドを捨てることができますか?私はできます。よって「うまく生きています」
炭谷 | URL | 2009/05/28/Thu 11:17[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © ブライダル、司会、各種イベントjbaのスタッフ日記. all rights reserved.