FC2ブログ
結婚、人生、将来、心に関しての情報

常識に疑問を持て
この世の中で常識に従うことはモラルとしてとても大切なことです。すべてが常識で判断されることは
ないと思いますが、常識の範囲であれば大きく間違うこともないと思う。
一般的によく使われる言葉として、通常は、普通は、常識的には、習慣的にはなどといわれていますが、とても便利な言葉だと思う

ではどんなことであっても「通常は」や「普通は」でこの世の中の問題が解決するとは言い切れません。それは多分一般的に考えてのことであり、誰もが思うことかも知れません。
しかし昔から判断してきたことや、人間的、道義的に考えてのことだと思う。では何が普通で何が通常なのかはその人の感性や知識の中で判断されるものです

私は現役で結婚式の司会をしています。何千組と担当してきましたが、全く同じ結婚式は一度もありません。すべてが一組目なのです。つまり披露宴を進行していく中で当日キャップテンやスタッフとのミーティングがあります。その時「いつもと同じ」とか「通常通り」とかの打ち合わせはありえません。
つまりこの世界では普通や通常という言葉は通用しないのです

少し的が外れたかも知れませんが、言いたいことは常識とされていることをそのまま思い込まないで
時にはその常識を疑ってみることも必要です。でないと大きな判断ミスや取り返しのつかないことになってしまい、後悔だけが残ります。常識とは健全な社会人が共通に持つ普通の観念といわれています。ここで問題なのは「健全な社会人」です

常識を持った人間は果たして何人いるのか、何を尺度にこれが常識と認識するのかなど考えても答えは出ないかも知れません。常にとは言いませんが常識に疑問を持つことで新しい発見や本当の答えがあることも事実です。常識は時には常識でなくなることもあります

                   常識を使う人は誰        炭谷   剛

        
スポンサーサイト

心はいつでも恋をする
恋する気持ちはどんなときでも大切。恋心は楽しい、ウキウキする、嫌なことを忘れる、感情が高ぶる、すべてがプラス思考になる、夢を描くことができるなど恋をしている人はいつも輝いているようだ
しかし恋から愛情になると一変することがあります。愛は紙一重と言われるように恋心よりも相手に
対しての感情が強くなります。それが転じて憎しみに変わることが多々あります

恋心は相手に対する思いは愛より小さいが、マイナス思考がない分どんなことであっても「アバタ」も
「エクボ」なのです。つまりプラス感情が働き何事も認め許すことができるのです。よって恋しているときが人間、気持ちのコントロールや気持ちの整理はしなくても自然体で毎日が楽しいのでは。よく結婚式で言われる言葉に「恋人みたいな夫婦でいよう」と。これはまさしく恋心の大切さを言っています。

恋心は人だけではありません。仕事や動物、花などいろいろあります。いずれにせよ何に対しても恋をすることには変わりありませんが、人間の場合は相手にも感情があり一方的な恋かも知れません
しかし人以外は自分本位で恋心を持つことができます

心は目に見えませんがどんなときでも活動し感知しています。こんな心を恋で膨らませてみませんか
そして恋で一杯にしてみませんか。きっとあなたの人生楽しいよ。楽しく過ごせるよ
どんなに落ち込んでいても苦しんでいても、どこかでいつか恋心を芽生えさせればいろんなことが解決するかもです

心はあなた次第で変化するよ、心はあなた次第で閉じたり開いたり、心はあなた次第でその真価を発揮するよ

           いつも楽しい恋してる心っていいね     炭谷   剛


「本」店頭に並ぶ
念願だった本の出版が実現しました。文芸社より全国の本屋さんの新刊コーナーに置かれました。
感激です。心理学を始めて8年になりますが、やっと一冊の本になりました。心理学を専門に学習するために学校で学んだわけでもなく、専門セミナーを受けたわけでもありません

私のこれまでの体験や持って生まれた感性、そして何より心理学に対する興味と独学の結果だと思っています。過去に大学、会社、団体などにおけるセミナーの積み重ねが今の私を成長させたのだと思う。タイトルは「あと1パーセントからの心」です

100円の切符を買わなければ目的地に到着できないのに99円しか手元にはありません。たった1円
足らないだけなのに目標、目的は達成できません。その1円がとても大切になります。その1円つまり
1%だけど諦めるな、頑張れ、努力しろってことです。誰もが99%までは頑張るけど残りの1%は心の
問題になってきます

そんな時に役立つのがこの本「あと1パーセントからの心」です。
およそ2年間の経過を踏まえ、その実績と結果を残し自信をもって書き上げたものです。この本は本当に読みたい人に読んでいただけたら必ずその人にとって役立ちます。迷い、悩みなどヒントは見つかることと思う。本の出版前に人生における悩みの相談など受けていました。その結果がほとんどが
その人にとって正解であり適切なアドバイスであったことも「本」出版のキッカケとなりました

心の問題に悩んでいる人、自分を見つけたい人、自分を変えたい人、人生を変えたい人などあと少し
アドバイスや心の支えがほしい人「あと1パーセント」相談に乗ります。
自分だけで解決するには限度や限界があります。1パーセント誰かに頼ってもいいのでは。それで
目的や目標が達成できれば

          「あと1パーセントからの心」 読んでみて      炭谷   剛

Copyright © ブライダル、司会、各種イベントjbaのスタッフ日記. all rights reserved.