結婚、人生、将来、心に関しての情報

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢を語る
「夢」には二つの「夢」があります。無意識のうちで寝ている間に見る「夢」そして意識的に将来や人生を考えて見る「夢」です
今回は意識的に見る夢について話します。人は誰でも物こころつく時期になると、将来は何をしたいことや何になりたいことなど「夢」をみると思う。しかしこの時期の夢は憧れに過ぎない。そしてだんだん成長していくことで「夢」も変わっていくこともあります。つまり憧れから目標目的になっていきます

夢は見るものではなく叶えるものです。以前に話したことがありますが「夢は0%。目標目的になって
50%。実現して100%」なのです。
実現までには遠い道のりがありたゆまない努力と学習が必要です。本当に夢を叶えるのであれば強い意志と実行力が伴います

「夢」に関することばとして”夢うつつ” ”夢物語” ”夢のよう” ”夢の又夢” などがあります。これは
現実的な言葉ではなく理想や想い的なものですが「夢のある言葉」だと思う。
人間は考える能力や感情があります。人としてこの世に誕生してきた以上誰もが抱くもの。そして人には「欲」があります。その欲を満たすためにも夢は持たなければなりません

夢は多ければ多いほど良いわけではなく、むしろターゲットを絞り自分にとって本当の夢の実現に向かう方が叶うかも知れない。自分の意志で持つ夢と人から与えられ、自分の意志として持つ夢があります。アンテナを張っておれば「夢」は必ず見つかるよ

人間生きていて「夢」持っている人と「夢」を持っていない人とでは、その人の輝きや生き生き感が違うことは明白です。
夢を描いて楽しい、充実した人生を歩みましょう

            永久に「夢」を追い続けます      炭谷





スポンサーサイト
Copyright © ブライダル、司会、各種イベントjbaのスタッフ日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。