FC2ブログ
結婚、人生、将来、心に関しての情報

美しく生きる
普通、美しく生きると言えば女性だけが使う言葉と思われがちです。たしかに主に女性に当てはまる言葉かも知れません。しかし私が言いたいのは男性も含めて人として、人間として美しく生きてほしいと思う。では美しく生きるとはどういうことなのか考えてみます

             心美しく生きる
             顔を含め身体美しく生きる
             考え方や思想美しく生きる
             気持ち美しく生きる
             相手に対して美しく生きる
             環境や地球に美しく生きる
             自分自身に美しく生きる

などいろいろ考えられます。この美しく生きるとは自分がそのように思うのか、相手がそのように思ってくれるのかはどちらも必要なことです

自分は美しく生きているつもりであっても、人はそのように判断しないこともあります。それは自分の思いだけで自己満足的に美しく生きているからなのです。自分を犠牲にし自分的に美しく生きていないと思っていても、相手から見れば美しく生きていることもあります

美しく生きることは意識しないとできないこと。意識しないと自分本能のままであり自分中心的になり自分さえという気持ちだけが支配します。それは本当の意味で美しく生きることにはなりません

美しく生きることは大変難しいことかも知れませんが、やってみる価値はあります。それは自分のためであり、しいては人のためでもあります。美しく生きていれば自分に対しても幸運が訪れ、自分自身も輝くことになり、本当の意味で美しく生きている実感を得ることになるでしょう

あなたも美しく生きることに考えをめぐらせ、やってくる様々なことに感動してはどうですか

             美しく生きることに執着しています       炭谷   剛



スポンサーサイト

現場は人間を育てる
よく言われますが机上の理論と現場は違うと・・。もちろん机上の理論があって現場に役立つこともいろいろあります。又机上のビジョンがなければ現場は動かないこともあります。
しかし机上の理論はあくまで計画であり予定です。実際現場でそのまま実行できるかと言えばそうでないケースも多々あることは否定できません

机上の理論はあくまで想定内であり、そこには実行する人々や物関係、ロケーションその他多種多様に渡って関わってくるものがあります。それによって計画を変更したり修正したりあるいは追加したりと予定通りにいく事はなくて当たり前かも

そこで机上の計画が優先されるのか、あるいは現場が優先されるのかが問題です。多くは現場がその時の状況に応じて優先されると思う。
現場では予定外のことが起こります。それに対処しながら計画を実行していきます。その対処や変更が人を育てていくものです

その時の人の成長は机上であれこれ計画している人と現場で臨機応変にやっている人との差がでてくると思う。人の成長も計画を立てたり夢を描いたりするだけなら育ちません。育てるためには世に出ること、実行すること、その時々において対処し対応してこそ、その人はそのたびに成長していくものです

置き換えればその人の人生も、その人の心も机上の理論だけでは成長はありません。現場があってこそ成長していくもの。人からいくら言われても又いい計画があっても、現場で自分が体感しなければそれは成長にはなりません

             今も現場主義です        SUMITANI

小さな成功こそ大切
人は人生やビジネスに成功するため、目標を立てます。その目標に向かって努力していくものです。
しかし、いきなり大きな成功はありません。大きな成功を達成するためにはまず小さな成功が必要で
あり、その小さな成功こそが少しずつ自信をつけていくものです

どんなことでも、どんな人でも最初があります。最初から自信は生まれません。最初からすべて完成
ではありません。
山登りに例えてみましょう。5000m級の山に登るとします。いきなり頂上に達するするにはヘリコプターを使わない限り登頂できません。小さな山をいくつも越えなければならない。川や谷そして崖を越え安全を確認して次に進みます

その小さな山、いくつもの川や谷そして崖を制覇することが小さな成功であり、大きな目標とした成功
に繋がります。人生やビジネスにおいても同じでいくつもの試練があります。  それをクリアーしていかないと成功者と言えないし、大きな成功はありません

大きな成功ばかり考えていると目標は夢に終わります。小さな成功の集まりが夢を実現していくのです。一つの点がたくさん集まって一本の線になるのと同じです。小さな成功を見逃さずに小さな成功を
確実に乗り越えてこそそこに大きな山が見えてくるものです。そしてその山を征服しよう

        いつも小さな成功から始めています      SUMITANI
Copyright © ブライダル、司会、各種イベントjbaのスタッフ日記. all rights reserved.