FC2ブログ
結婚、人生、将来、心に関しての情報

今しかできないことは今やっておくとは
皆さんは今の自分の年齢や境遇や環境などしっかり考えたことがありますか。今しかできないこと、将来やりたいことをリセットし原点に戻って考えると、今からの自分にできること忘れていたことが、たくさんとは言えないけれどきっと何かが見つかると思う。

                「今、自分の将来に向けての過ごし方」

      ①  今やっておかなければならないこと
             
             将来を考えたとき今から始めておかないと夢や目標は実現しない

      ② 今やるべきこと
 
             2年後の自分を考えて今やるべきことを実行する

      ③ 今しかできないこと

             将来自分が後悔しないためにも、今なら体験し吸収できること
            

      ④ 今やりたいこと

             今、自分を原点回帰して何がしたいのかを真剣に考える

      ⑤ 今の考え方

             「まだ」できると思う気持ちを切らさないこと、「もう」は駄目

      ⑥ 今の自分を見直す

              今、自分は将来のことでどこまで自覚しているか

      ⑦ 今充実しているか

              今の時期充実感がなくても今後充実感を感じたいと強く思うこと

      ⑧ 今こそ計画を立てること

              これからのことを計画なしでは今生きていることが消化時期に過ぎない


                「今やるべきこと」

      ① 人生を愉しむ
              生きている実感。後悔しない。今を大切に。
      ② 食事や社会学習を愉しむ
              食事は欲望を満たす。井の蛙にならない。健康維持。
      ③ 会話を愉しむ
              話す楽しさ。心の癒し。雰囲気を愉しむ。コミュニケーション。
      ④ 気分転換を愉しむ
              リフレッシュ。やる気を起こす。時を忘れる。
      ⑤ 刺激を愉しむ
              人生の活性化になる。若さを維持。何かを見つける。
      ⑥ 自分を愉しむ
              新しい自分を見つける。チャレンジ。自分を見つける。
      ⑦ 好奇心を持つ
              自分が納得すれば実行。好奇心はやる気。好奇心は人生の宝物。
      ⑧ 何ごとにも恋心
              心の癒しになる。気持ちが高まりすべてが前向き。笑顔が生まれる。
      ⑨ ②途上生活を愉しむ
              仕事の充実感。趣味や資格を持ち継続する。人との交流。

今を大切にしない人には将来はない。今の積み重ねがあって将来がある。もう今は戻ってこない。


            私は今を精一杯生きています     炭谷  剛   
スポンサーサイト

人生における成長と欲望
人間は誰もが成長し成功したいと考える。人間は人それぞれに欲望がありそれを満たそうとする。それは当たり前のことである。


成長とは育つこと。発展すること。幅が広がり大きくなり人に認められること、そして自信と信頼を得ることである。欲望とは欲しいと思うこと、手に入れたいと望むことである。

成長、欲望どちらも努力が必要ですが運も伴います。成長は自他ともに認められ心身ともに大きくなり信用信頼を得ること。欲望は好奇心が旺盛で個人的満足を得るために、頑張り抜く自分との闘いであると言えるでしょう。

では人に認められるためにはどのような成長が考えられるか。

 人としての成長。社会人としての成長。身体〔外見、内面、頭脳、機能〕的成長。考え方の成長。心の成長。
 能力の成長。気力や気持ちの持ち方の成長。精神的成長。

次に欲望ですが人によって違いがあるので多く求められる主なものを考えてみます。

 金欲。食欲。美欲〔美男、美女〕など特に女性。性欲。生活欲。物欲。愛欲。有名欲。権力欲。

人間の三大欲は食欲、性欲、睡眠欲と言われています。

もちちろん人それぞれに成長の度合いや成長など気にしない人もいることは事実です。人が見て成長したと思える人、人がどう思うかは関係なく自分が如何に満足できているかだと思う。昔から良く言われている言葉があります。

                         人間は欲の塊〔かたまり〕


この世に欲のない人はいないと思う。欲望があって成長し生きている証拠です。


自分成長
話し方や言葉を変えると「良いこと」が起こり、あなたの人生は変化し進化する。言葉の大切さを実感して適材適語を有意義に役立てて、自分成長に繋げて下さい。

       ① 良い言葉は人をひきつけ幸運を引き寄せる

            〇 良い言葉は人間性が現れ良い将来に結び付く「生きる言葉」
            〇 ネガティブな言葉は幸運の道をふさぐ「何事もポジティブ」
            〇 人の悪口や中傷を言う人は言葉通り意地悪そうになっていく「自分反省」
            〇 流されない人に運気は訪れる「信念を持つ」
            〇 褒める言葉は人を育てる「自信」

       ② 心遣いの言葉は一瞬にしてチャンスをものにできる

            〇 人を幸せにする人は自分も幸せになる「自然の法則」 
            〇 固定表情と瞬間表情「言葉は顔にでる」
            ○ 言葉が伴う表情や態度が大切「真実性」

       ③ 初対面で人に好かれるには何事も自然体

            ○ 会話や挨拶に一言プラスα「好感度」
            ○ 自分のことはさて置き相手の言葉の中から相手を見つける「相手の想い」
            ○ 相手の立場になれば言うことが見えてくる「相手中心」

       ④ 明るく相手の気持ちを受け止める

            ○ いつでも私はあなたの味方と思う言葉と意思をアピール「共感」
            ○ 落ち込んでいる人には正論より共鳴「理屈ではない」
            ○ 最初から最後まで信じてやる「信頼関係」
            ○ タチの悪い愚痴や悪口は適当に聞き流す「感化されない」
            ○ 相手の決断を否定することはその人を否定することに繋がる「まず肯定」

       ⑤ 相手の話しを真剣にそして真摯に聞く

            ○ 相手の話しに耳を傾けることは相手に落ち着きを与える「安心感」
            ○ 相手の話しに対して必ず相づちを打つ「話しやすい」
            ○ 相手の話していることがもしも自分事だったらと思う「相手の身になる」
            ○ 話しの内容で答えを求められたら今応えられるものを言い切る「相手は納得」
            ○ 同情や妥協より共感と納得「共有」
            ○ 相手の話していることが理解できなければ距離をとる「考える時間」

人生や自分を変えるには強い心で自分自身を見つけることが必要で、相手を見つけることにもなります。


                        私はいつも自分を見つけています  SUMITANI


   

話し方教室開校して
話し方教室を始めてから6年目を迎えることになりました。現在生徒数は延べにして100人を超えました。


最初はアナウンス学校の体験を生かして正しい日本語や標準語、あがらないコツや話し上手になるためのレッスンが中心でしたが、開校して1年が過ぎるころから受講する人が増え始めました。その時に思ったことは私が考えたレッスンのカリキュラムだけでは駄目だと気付きました。受講を希望して来られる人によってそれぞれ目的、目標が異なることに気が付き、私のカリキュラムだけでは対応できなくなりました。

つまり話すことに悩んでいる人がこんなに多いのか、話せないことで人生そのものが苦しんでいるのかと思うことが多くなり、受講生に対してもその悩みや上達に応えてやらないと考え、以前大学で講師をしていた心理学を取り入れ応用して、話すことに関しての心のケアや苦手意識をとることもレッスンに入れるようにしました。

すると2年過ぎたころから生徒の数が増え、ある意味悩みの相談室になってしまいました。でもこれが他の話し方教室と違う、私の話し方教室のスタイルとなりリピーターや紹介者も増える結果となっています。

現在は受講者の目標や目的も多様化状態にあります。それらをすべて応えてやりたいと思い、この年齢で学習に専念することもあります。雑学を含め語学に関しては今も学習中です。

生徒募集はインターネットや看板、新聞など媒体を利用しての募集です。多い日は1日で3名のレッスンを行っています。広告やインターネットでの募集項目はレッスン希望の多い順に「基礎編」では発声・発音、ヴォイストレーニング、受け答えの仕方、コミュニケーションで「応用編」ではあがらないコツ、会話術・トーク術、挨拶や相づちの仕方、婚活や就活レッスンなどです。

総合タイトルとして私が目指す話し方教室のコンセプトは「話し上手は人生変える」です。

                                 生徒増えそうだよ   講師 炭谷  剛

ビジョンとプランについて
皆さんはビジョンとプランの違い分かりますか。

ビジョンは将来に対する夢、構想、計画など。プランは計画、設計、実行、実施などです。つまりこのワードを大きく捉えたら「計画」なのですが、もう少し掘り下げてみると大きな違いがあります。

ビジョンは会議など机上の理論と言われるように屋内で行われます。それを精査して実行します。よって決定されたビジョンは1つの提案です。プランは同じく計画や設計を行いますが、ビジョンと違うところは1つの提案ではありません。

つまり現場でビジョンに基づいて実行して不具合が生じ計画通りにいかなければその場で変更しなければなりません。そこで現場での判断となり、同じ結果を求めるためにはプランAで行こうか、又はプランBに変更ということになります。

机上の理論や計画はとても大切なことであり必要なことです。しかし実際現場でやってみると机上で行った提案では実行できないこと、つまりアクシデントやトラブル、微妙な違いが生じます。それにそれらに対応しなければなりません。それがビジョンからプランになることだと考えます。

これは人生も同じです。人生設計や人生計画、夢や目標など人は誰でも考えることです。全てが予定通りに行くのか、夢が叶うのかと考えるとそうではありません。その時代の変化や人の影響、そして出会いによって人生は変化します。又年齢や自分発見で将来も変わります。

頭の中で描いた自分の将来はそれぞれの現場で実行することで変化することも多々あります。もちろん将来のことを考えた通りに実現することもあります。

ではビジョンとプラン、どちらが人生において成功するのかを考えてみると、私は現場主義で生きてきました。人生はプランの方が臨機応変に対応でき成功率はビジョンより高いと実感しています。


                               ビジョンは基本、プランは実行    炭谷  剛

Copyright © ブライダル、司会、各種イベントjbaのスタッフ日記. all rights reserved.