FC2ブログ
結婚、人生、将来、心に関しての情報

平成から令和へ
平成の時代は30年で終わり改元して令和元年を迎えました。
私は昭和の生まれですが、私にとって昭和は人生の始まりであり、事業経営者としての始まりでもあります。社会人としての始まりは銀行員でした。8年で退職して事業経営者となったのは33歳の時でした。会社を立ち上げた最初の事業は婚礼の会社で、まずアナウンス学校に入学して、話し方の勉強、標準語、言葉などの学習を得て司会者としての仕事を目指しました。

当時は結婚式の司会と言えば友人が主でした。お金を出して司会をしてもらうなど、到底あり得ない時代でした。式場とプロ契約ができたのは営業して3年後で、その間司会者としての勉強と司会者の養成でした。私は多分近畿を含め西日本ではプロ司会者第一号だと思っています。

その後平成の時代を迎えて、ベビーブームの時代も続き婚礼の会社「ジェービーエー」も大きく飛躍しました。司会だけではなく介添え、音響、アシスタント、ビデオ、式場紹介と各部門を作り、幅広く婚礼を制覇しました。
又平成で成功したのはブライダルフェアの企画、演出、プロデューサーの仕事を確立しました。当時はファッションショウのブームでもありプロモデルの振り付けやショーの企画でも成功しました。
そして婚礼以外の事業として、大学での心理学の講師、学習塾の講師、話し方教室の講師、各会社の社員研修、その他講演やセミナー講師など現在も続いてします。

振り返ってみると昭和は事始め、平成で花開くと言えると思う。これらが成し得たのはまず健康であったこと、人のやっていないことで勝負したこと、努力と諦めない気持ちがあったこと、息子や家族のために何かを残しておきたかったことなどが原動力になっていました。

築いてきたことはすべて成功だったと確信しています。何故かというと今現在、息子たちが引き継いでいるからと思っています。

そして令和時代に関しては今までと違って体力や年齢的なものがあります。よって今の自分を考えできるものは継続していく決意でいます。令和は何年続か分かりませんが、私の最後の頑張りになると思っています。
つまり「私の人生のピークは死ぬとき」「私の人生の賞味期限は死ぬとき」と決め、健康寿命をモットーに令和時代を過ごしていきたいと考えています。
                                         

                                         2019年令和元年5月10日
                      
                                              炭谷時代は続く

スポンサーサイト

本気で自分や人生を変えるコミュニケーション
① 人の話しを素直に聞きそれを理解する。
② 世の中自分の思うようにならないと自覚する。
③ 性格を変えず考え方を変えること。
④ 自分の都合を優先しないで相手中心であること。
⑤ 自分の思いや考えだけでなく相手のことも考え相手に合わすことも。
⑥ 自分の思い通りでなくても腹を立てないこと。
⑦ 頭にきたときこそ平常心。
⑧ 感謝の心や気持ちは人間性。
⑨ 勝気な性格は時には必要だが穏やかさはもっと必要。
⑩ 何事も自分中心では嫌われる。
⑪ 喜怒哀楽は感情の表現で必要だが自分の思い込みでの〔怒〕は駄目。
⑫ 自分の持っている良いと思うものは前面に出すこと。
⑬ 確証がない限り言い切らないこと。
⑭ 気に入らないことがあっても顔や言葉に出さないで60秒だけ待ってみること。
⑮ 嫌な話しでも否定しないでまず聞くこと。
⑯ 会話するときは笑顔が一番。
⑰ 我慢しないで言いたいことはハッキリ話すと気分が変わる。
⑱ 自分中心ばかりだと人は去っていく。
⑲ 可愛い嘘は許されるが相手を中傷する嘘や心に傷をつける嘘は駄目。
⑳ 言った言わないは喧嘩の元になるので時には聞き流すこと。
㉑ メールやラインの文章は取り違いがあるので良く理解すること。
㉒ 自分が求めていた答えでなくても冷静に受け止めること。
㉓ 強引な考え方や言葉は嫌われ話すことを拒否される。
㉔ 相手の良いところもあるのでそれを見極めて相手と協調し、共感、共鳴、共有、共存していくこと。
㉕ 一歩控えめな気持ちで人と接すること。
㉖ 一方的な態度や行動は慎まないと人は嫌がり去っていく。
㉗ 積極的としつこいは意味が違うことを認識しておく。
㉘ 少し嫌なことでも相手のことを思う気持ちが大切。
㉙ 自分の憧れる人の影響を受けること。
㉚ 嫌な自分を自覚して少しずつ取り除いていくこと。
㉛ 自分を変えるためにはこうなりたいと思っていることを有言実行すること。
㉜ 最も大切なことは以上のことを踏まえてコミュニケーションに繋げること。

充実した人生を過ごすとは
充実した人生とは他人が決めるのではなく自分自身が決めそして感じることです。ではと充実した人生とは何かと考えてみると

   ① 人に語れること ② 後悔しないこと ③ チャレンジすること ④ 継続できること

   ⑤ その時しかできないことを実行しておくこと ⑥ 失敗してもそれを活かすこと

   ⑦ 愉しく生きること ⑧ 努力し結果がついてくること ⑨ 全てにおいて自分が納得すること


などが言えます。人によって生き方や価値観が違うので、誰にでも同じことが言えるとは限らず多少の違いはあると思います。

では誰もが充実した人生を送れるかというと、誰もが遅れるとは言えません。そこには流されない強い自分の信念があります。
そして人との出会いや生きがいのある仕事との出会いがあればそれを生かすことも大切なことです。又好奇心や自分で見つける積極的な生き方なども重要なことです。それらを実現するには〔努力〕〔行動力〕が不可欠です。特に努力は「嘘」はつきません。

充実した人生を過ごしていくためには良いことばかりではありません。そこには厳しい現実やリスクを負わなければならないこともあります。それらを乗り越えることで、その時自分はどのように将来を考え判断し決断したのかで進路が見えてきます。何事にもリスクがあります。逃げないで立ち向かう気持ちが自分自身に自信がついてきます。リスクをクリアしハードルを越えてこそ充実した人生を得ることができると信じます。

恐がらないで立ち向かうこと、時には流されることも必要ですが流されるときは自分に納得することです。充実した人生は日々の積み重ねが大切です。辛いとき、苦しいとき、悩むとき、迷うとき等長い人生には必ずあります。それを乗り越えるためには気持ちの切り替え、気分転換、リフレッシュなど「人生体力」のある時にしておかなければなりません。

                        私の人生の充実は愉しむことです      炭谷  剛

今しかできないことは今やっておくとは
皆さんは今の自分の年齢や境遇や環境などしっかり考えたことがありますか。今しかできないこと、将来やりたいことをリセットし原点に戻って考えると、今からの自分にできること忘れていたことが、たくさんとは言えないけれどきっと何かが見つかると思う。

                「今、自分の将来に向けての過ごし方」

      ①  今やっておかなければならないこと
             
             将来を考えたとき今から始めておかないと夢や目標は実現しない

      ② 今やるべきこと
 
             2年後の自分を考えて今やるべきことを実行する

      ③ 今しかできないこと

             将来自分が後悔しないためにも、今なら体験し吸収できること
            

      ④ 今やりたいこと

             今、自分を原点回帰して何がしたいのかを真剣に考える

      ⑤ 今の考え方

             「まだ」できると思う気持ちを切らさないこと、「もう」は駄目

      ⑥ 今の自分を見直す

              今、自分は将来のことでどこまで自覚しているか

      ⑦ 今充実しているか

              今の時期充実感がなくても今後充実感を感じたいと強く思うこと

      ⑧ 今こそ計画を立てること

              これからのことを計画なしでは今生きていることが消化時期に過ぎない


                「今やるべきこと」

      ① 人生を愉しむ
              生きている実感。後悔しない。今を大切に。
      ② 食事や社会学習を愉しむ
              食事は欲望を満たす。井の蛙にならない。健康維持。
      ③ 会話を愉しむ
              話す楽しさ。心の癒し。雰囲気を愉しむ。コミュニケーション。
      ④ 気分転換を愉しむ
              リフレッシュ。やる気を起こす。時を忘れる。
      ⑤ 刺激を愉しむ
              人生の活性化になる。若さを維持。何かを見つける。
      ⑥ 自分を愉しむ
              新しい自分を見つける。チャレンジ。自分を見つける。
      ⑦ 好奇心を持つ
              自分が納得すれば実行。好奇心はやる気。好奇心は人生の宝物。
      ⑧ 何ごとにも恋心
              心の癒しになる。気持ちが高まりすべてが前向き。笑顔が生まれる。
      ⑨ ②途上生活を愉しむ
              仕事の充実感。趣味や資格を持ち継続する。人との交流。

今を大切にしない人には将来はない。今の積み重ねがあって将来がある。もう今は戻ってこない。


            私は今を精一杯生きています     炭谷  剛   

人生における成長と欲望
人間は誰もが成長し成功したいと考える。人間は人それぞれに欲望がありそれを満たそうとする。それは当たり前のことである。


成長とは育つこと。発展すること。幅が広がり大きくなり人に認められること、そして自信と信頼を得ることである。欲望とは欲しいと思うこと、手に入れたいと望むことである。

成長、欲望どちらも努力が必要ですが運も伴います。成長は自他ともに認められ心身ともに大きくなり信用信頼を得ること。欲望は好奇心が旺盛で個人的満足を得るために、頑張り抜く自分との闘いであると言えるでしょう。

では人に認められるためにはどのような成長が考えられるか。

 人としての成長。社会人としての成長。身体〔外見、内面、頭脳、機能〕的成長。考え方の成長。心の成長。
 能力の成長。気力や気持ちの持ち方の成長。精神的成長。

次に欲望ですが人によって違いがあるので多く求められる主なものを考えてみます。

 金欲。食欲。美欲〔美男、美女〕など特に女性。性欲。生活欲。物欲。愛欲。有名欲。権力欲。

人間の三大欲は食欲、性欲、睡眠欲と言われています。

もちちろん人それぞれに成長の度合いや成長など気にしない人もいることは事実です。人が見て成長したと思える人、人がどう思うかは関係なく自分が如何に満足できているかだと思う。昔から良く言われている言葉があります。

                         人間は欲の塊〔かたまり〕


この世に欲のない人はいないと思う。欲望があって成長し生きている証拠です。

Copyright © ブライダル、司会、各種イベントjbaのスタッフ日記. all rights reserved.