結婚、人生、将来、心に関しての情報

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人それぞれ価値観の持ち方
価値観とはどんな点に価値を認めるかについての人それぞれの考え方。又その考え方の基準のことを言います。コミュニティの場や家庭内での考え方、そして会社における業務内容や会社の方針。又結婚前や結婚後の二人将来に関しての考え方など価値観の問題がでてきます。

ここに一つの例をあげて考えてみると価値観の持ち方が良くわかります。

        金を大切にする→仕事を大切にする→人を大切にする
        金を大事にする→仕事を大事にする→人を大事にする
        
        金を貯める→仕事に励む→人を育てる
        金に執着心→仕事に拘る→人との交流

        金がすべて→仕事がすべて→人がすべて
        金で満足→仕事で満足→人で満足

この世の中にすべて同じ価値観を持つ人はいないと考えるのが普通です。しかしアーティストやアスリートの世界では同じ価値観を持つ人がいてその人のすべての影響を受けることで成長し成功していることも事実です。

つまり価値観の対象となるのは物や事ではなく人なのです。そしてその人の考え方が素直に共鳴でき共有する事ができれば価値観が同じと言えます。

人間は感情の動物なので冷静で平常心があるときとそうでないときとは価値観がおなじであっても捉え方が違うかも知れません。
価値観は人が成長していくにつれ変わっていくこともありますがその変わっていく価値観は進化していかなければ最終的に人にはたどり着けないと思う。

価値観は人それぞれ違って当たり前だと思いますが如何に相手のことを理解し相手に近づいていけるかですがそこに自分も納得しなければならない意志の強さが求められます。

                                  価値観は永久の課題です  スミタニ

                               
スポンサーサイト

人生を変えるために
先日あるテレビを何気なくみているとバイク事故で下半身がマヒして動かなくなり車椅子生活になった人の今を放送していました。
入院先で担当看護師さんと恋愛感情が芽生え退院後も連絡を取り合っていたそうです。彼は退院したものの人生を諦め悩み苦しむ日々を過ごしているとき彼女からの励ましの電話やメールで少しずつですが自分を取り戻し生きる希望を見つけ現在はパソコン業務に付き頑張っているそうです。

退院後二人の愛は育まれ結婚を意識するようになった時、彼女から両親に逢ってほしいと言われ不利を承知で意を決して両親に彼女との結婚をお願いして承諾を得て結婚、現在は子どもも一人授かり幸せな人生を送っているとの事でした。つまりその男性は諦めていた人生を変えたのです。

私も同じ考え方ですが自分の人生を変えるには四つあります。
      ① 恋愛すること
人間は感情の動物です。結婚は別として人を愛し恋する気持ちは人生において愉しい「ウキウキやワクワク」時間を与えてくれ寂しい気分や淡々と生きる人生を変えてくれます。
      ② 結婚すること
結婚願望が全くない人や結婚自体を拒否する人は別としてどんな環境や状況においても結婚したい気持ちがあるなら諦めないで結婚に向かって希望を持ち結婚する事で一生のパートナーを見つけ自分の人生を変えることができると思う。
      ③ 夢中になれる何かを見つけること
今、自分の置かれている立場や環境を理解してそのまま立ち止まっていないで趣味を見つけることや習い事を始めるなど特技を作ること。又旅行や温泉めぐりなど気分転換を兼ねて外に出ることでも今までと違った人生を送ることができる。つまり夢中になっている時は無になり時間を忘れ前向きな人生となります。
      ④ 好奇心を持ってチャレンジすること
好奇心は人生において宝物となります。しかし持つだけでは何も変わりません。その人によって好奇心には違いがあります。自分が本当に興味のあるものやチャレンジしてみたいものをできるだけ多く見つけて行動することで人生変えることが可能になります。

生まれ育ってきた人生はそう簡単に変えることはできませんが自分が本当に変えたいと考えるならそこには強い意志と決断そして行動力が必要となります。自分なりの愉しい人生を歩んで下さい。

                      私は人生を愉しんでいます。  SUMITANI

体力寿命
体力寿命って聞いたことありますか。体力寿命には誰にでもピークはありますが一生を考えるとその年齢に応じた体力というものがあります。自分にとってどの年齢のときが体力的に最高であったかはその人の成長によるものと思われます。

スポーツや身体を鍛えているから体力寿命が持続することも考えられますがスポーツや身体を鍛えていなくても体力寿命が持続する人も世の中にはたくさんいます。つまり体力寿命は計測してみないと分からないこともあります。

例えばスポーツや身体を鍛えている人は必ずしも何もしていない人より体力寿命があるかというとそうとは言えません。スポーツや身体を鍛えている人はそれだけ体力の消耗や筋肉の低下がそれを止めたときに何もやって人と比べると体力寿命は早いかも知れません。しかしピークのときを考えるとスポーツや身体を鍛えている人は体力寿命は何もやっていない人に比べると長く続くと思われます。

ここでアスリートの場合を考えてみますとたいていは40歳前後で引退を決意する人が多いです。その理由はいろいろありますが体力の限界を一番に挙げているケース多いようです。

体力の限界とはいままでできていたことができなくなったこと、成績が落ちてきたこと、他の人についていけなくなったこと、チャレンジする気持ちはあるが身体が動かないことなどが言えると思われます。

つまり体力寿命を身をもって感じる時です。そして年齢にも多いに関係してきます。やりたいけど、続けたいけど気持ちが前向きにならないことも多いに影響してきます。これは全体的に言えることですが中には体力を超えて気持ちやモチベーションで体力寿命を延ばしている人もいることは事実です。

体力寿命は普段の生活スタイルや食事、睡眠などでカバーすることも可能かと思います。


                         私は仕事で維持確保しています  炭谷  剛

健康寿命について
最近健康寿命という言葉が良く聞きます。加齢していくたびに心に響く言葉です。

つまり健康寿命とは人の手を借りず支援を受けないで何事も普段の生活が普通に行えることを言います。特別なことがない限り日常生活に支障をきたさないことだと考えます。

持病を持っている人や常備薬を服用している人はこの健康寿命には該当しないと思う。しかし持病が悪化したり常備薬が増えてくると健康寿命に影響を及ぼすことがあります。これは年齢にも関係してきます。

私の考えでは身体の健康維持だけが健康寿命ではないと思います。近年心の病も重要視され身体的には問題がなくても精神疾患やうつ病、情緒不安定や心や気持ちのコントロールができない人なども増加しつつあります。これは年齢に左右されません。

本当の健康寿命とは心身ともに健全であり堅実に自立している人を言うのではないかと思います。

私は今、話し方教室を開講しています。身体は健康ですが会話や話す話題に困っている人、あがり症で話すのが苦手な人、就活や婚活のレッスンも行っていますが最近増えてきたのはストレスの解消や悩みの相談など人生の生き方についてのレッスンなのです。

大学で心理学講師を勤めている関係で心の問題に対処しています。人の健康は朝如何にスッキリ目覚めるかなのです。

最近のデーターによりますと平均ですが男性の健康寿命は71歳、女性は74歳と聞きますが今後身体の寿命は延びると考えられますが心の寿命は延びないと思われます。

健康寿命、意識を持って生きていきたいものです。


                              私は絶えず考えています。      炭谷  剛

信頼について
信頼とは辞書を引くと信じて頼ることですが皆さんは今心から信じて頼る人はいますか。人生でここ一番のとき頼れる人必要だよ。
私は誕生して70年になりますが一人だけいます。どちらかと言うと頼られるほうが多いです。それは年齢もありますが人生経験を数多く積み重ねてきたことも多いにあります。

私はプライベート、ビジネスなどを通して自分の人生を努力と使命感でやり切ってきた実績だと思っています。ところで皆さんは初めて出会った人や紹介された人をいきなり信じることができますか?私はまず信じることから始めるようにしています。それは自分の気持ちも楽だし迷いや悩むこともありません。しかしいきなり信じることから入るのは危険や後悔があるかも知れません。

つまり信じることから入っていくと何も考えずに素直に相手とコミュニケーションがとれ相手の人も私を疑っていても私が信じている態度で接していたら信じてもらえることも多々あります。しかし信じることから始まって交流を続けているうちに何度か信じられないことがあったり以前に言ったことや行動が違ってきたらその時点で相手の人を私の心から遮断し交流もなくなります。それは信じることから始めたからです。

初めて会った人を信じるとは第一印象や紹介してくれた人によりますがやはり自分の信念や生き方によることが私には大いに影響しています。初めて出会った人を信じることはとても難しいことかも知れませんがやってみる価値はあると断言できます。

次に信頼関係の構築ですがこれはいきなりではできません。信じることから始まり信頼関係になるには最低でも一年以上かかると思います。信頼関係は最初の出会いから一貫して信じていることが揺るがず継続していることです。時代の変化や相手の事情や
時には考え方の違いなどがあっても共通点や原点が変わらず価値観が共有されていれば信頼関係は構築されると思っています。

私は思います。ビジネスでの信頼は利害関係が付いてくるので崩れやすいがブライベートでの信頼は感情や気持ちが伴うので崩れにくいと考えています。よって信頼関係はまずプライベートから構築すべきです。

                      私の信頼関係はブライベートから構築しています   sumitani


Copyright © ブライダル、司会、各種イベントjbaのスタッフ日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。